脱毛コラム

産後の剃ることによるムダ毛処理の注意点について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後はホルモンバランスが乱れるので、妊娠前と違って肌が敏感な状態となります。

さらに、妊娠前よりムダ毛が生えやすくなる他に、濃いムダ毛が生えるので妊娠前より誤った自己処理を施す可能性が高まります。

そのため、産後に剃刀でムダ毛処理を施すと、肌の角質層に傷をつけるリスクが高まることで、肌の乾燥を招きやすいです。

また、産後は剃刀によって毛穴を傷つけやすいので、毛穴が傷つくことで毛穴から異物や雑菌が混入する状態になります。

他にも、産後の肌は外部からの刺激を受けやすいので、剃刀によって肌が剃刀負けする可能性が高いです。

電動シェーバーを適切に使う

電動シェーバーならば肌の角質層を傷つけずにムダ毛処理を施すことが可能です。

なぜなら、女性用の電動シェーバーがあるので、敏感肌の人でも肌や毛穴を傷つけずにムダ毛処理を施せるからです。

そのため、産後において女性用の電動シェーバーを活用することで、肌に与えるダメージを極力抑えることができます。

しかし、電動シェーバーの刃が欠けていると、肌や毛穴を傷つける恐れが高まります。

なので、産後に電動シェーバーでムダ毛処理する場合は、使用する前に刃が欠けていないかを確認するのが大切です。

他にも、注意点として電動シェーバーを使っても肌の表面を削ることになるので、剃る前に肌を保湿するのを忘れないことです。

そして、剃った後でも肌が乾燥して痒みを伴ったり肌荒れするのを防ぐために、肌を保湿することが重要となります。

埋没毛が出来やすい原因と肌を傷つけずに埋没毛を処理する方法について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
無駄毛を自己処理によって処理すると、肌に負担を掛けることになるのでバリア機能が働くことになります。

その影響によって、肌が角質化するのでかさぶたによって肌の表面を覆うことになるので、毛が肌の表面に出て来れない状態となります。

そのため、毛が皮膚の中で成長することになるだけでなく、埋没毛を放置することで黒ずみやニキビが出来やすくなります。

なぜなら、埋没毛を改善しないままだと毛が皮膚の中で成長し続ける状態になるからです。

肌が乾燥したままで行うと肌を傷つけることはNG

また、剃刀での自己処理は毛先を斜めに切るので、毛が皮膚を貫通しやすくなります。
なので、剃刀での自己処理は埋没毛になりやすくなりますが、肌が乾燥したままで行うと肌を傷つけることになるので、より埋没毛を悪化させることになります。

けれども、剃刀での自己処理は剃る前にシェービングローションを塗ることで、埋没毛を防ぐことが可能となります。

しかし、シェービングローションを塗る手間が掛かることになるので、自己処理に割く時間が長引く傾向にあります。

よって、肌を傷つけずに自己処理から解放されるためには、クリニックで処理を施してもらうのがお勧めされます。

クリニックでは、肌に負担を掛けずに無駄毛を処理することができるので、肌を綺麗に保ちつつ埋没毛が出来ない状態となります。

特に、レーザー脱毛は医師によって施される脱毛となるので、肌のトラブルが起こっても咄嗟に対処してくれます。

つまり、クリニックでのレーザー脱毛は、肌を傷つけることなく埋没毛を処理することが可能となります。

さらに、レーザー脱毛で埋没毛ができることはないので、安心して無駄毛を処理することが可能です。

脱毛サロンでの勧誘をはっきり断るには

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンで勧誘されると、自分の意思を伝えるのが苦手な人であればそのまま契約してしまうことが多いです。

なぜなら、自分の意思を伝えないのでスタッフにとっては契約してくれる気があると認識されるからです。

なので、脱毛サロンで勧誘されてもはっきり断ることで、実際に契約するかどうかを自分で検討するのが大切となります。

そのため、家族に相談してから検討することを伝えると、相手のペースに任せて勢いで契約するリスクを減らすことが可能です。

なぜなら、スタッフ側には家族に相談することで契約するかどうかを明確にしていることが伝えるからです。

ただし、資金が足りないので家族と相談すると主張しても、キャンペーンに関する説明を受けることになります。

なので、自分だけでは決めれないので家族の意見を取り入れてみたいと伝えることで、相手は強気で勧誘に出れなくなります。

脱毛サロンはしつこく勧誘できないようにする

さらに、家族に相談して決めるので後日連絡することを伝えれば、相手はしつこく勧誘しづらくなります。

自分に適した脱毛サロンを選ぶ際は、勧誘に任せて決めてしまうとかえって後悔することが多いので、勧誘を上手く断ることが大切です。

また、脱毛サロンでの勧誘をはっきり断る場合は、勧誘されて困るということを伝えないのがお勧めになります。

なぜなら、勧誘は店を利用するお客様を増やす行為となるので、その行為を否定しても勧誘する理由について説明されるからです。

施術前と施術後のアンダーヘア部分のケアについて

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの施術をする際にも事前と事後にしっかりと手入れをしてもらうことが望ましいといえます。
施術前や施術後のケアについては以下のようにするとより効果的であったりします。

施術前のケアについて

 施術前の前日または当日あたりにお手入れをする箇所の毛をに処理しておくことが望ましいでしょう。
毛の処理の際に肌を傷つけてしまうと施術後にひりひりするとかといったことがありますので、ちょっと長さを残す感じでそるようにするといいでしょう。
後、どうしても処理が難しい時には、当日さろんの人にそってもらいましょう。
 また、形を残す時には形通りに毛を残す感じでそるといいでしょう。

施術後のケアについて

 施術後には、肌はとても敏感な状況ですので、ショーツや衣服のこすれ・摩擦といったものや運動や飲酒などによって血行を良くして肌を刺激するようなことは控えましょう。
患部なるべく冷やして、乾燥をしないようにするために保湿を欠かさないようにしてください。
お風呂もできれば入らず、シャワーをほんのちょっとだけぬるめのお湯でやるくらいにとどめておいてください。
もし、患部にかゆみや赤みなど何か違和感を感じるようなことがあった時には、施術したサロンやお医者さんに相談をして症状をよく見てもらうようにしましょう。

ワキガになる原因と脱毛でワキガを改善できる理由

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛にアポクリン腺から出る汗がつくことが主な原因となります。

なぜなら、脇にだけ存在するアポクリン腺はエクリン汗腺から出る汗と混じることにより、ワキガの原因となる臭いを発するからです。

また、ワキガは脇毛を自己処理する際に誤った方法で行うと、アポクリン腺から出る汗の量が増加します。

脇は、体の中でも皮膚が柔らかい部位となるので、外部から刺激を与えると赤く腫れたり痒みを伴いやすいです。

ちなみに、脇は日常生活において普段触れることがありませんが、汗をかくことで脇がべたつくと腋毛に汗がつくので、ワキガになりやすいです。

他にも、腋毛の自己処理の後に汗をかく量が増えることもあります。

なぜなら、アポクリン腺は腋毛と一体化しているからです。

なので、毛抜きによって腋毛を抜くと、毛を抜くと同時にアポクリン腺を活発化させるので、ワキガを悪化させます。

けれども、脱毛施設での脱毛では毛を抜くことが一切ないので、アポクリン腺を刺激せずに脱毛を施すことが可能となります。

さらに、光脱毛やレーザー脱毛は肌に可視光線を照射して、可視光線がメラニンに反応する性質を利用して脱毛する仕組みとなります。

脱毛施設での脱毛はワキガの抑制につながる

また、可視光線を脇に照射しても激痛が伴う恐れがないので、全身以外にも腋に永久脱毛を施すことができます。
そして、永久脱毛によって腋毛を生えにくくするので、アポクリン腺から出る汗が腋毛につきにくくなります。

そのため、ワキガになっていても脱毛施設で脱毛を受けることで、ワキガの臭いを抑えることが可能です。

さらに、脱毛を受けるほど腋毛が生えなくなるので、脱毛施設での脱毛によってワキガの臭いが悪化する恐れがないです。