脱毛サロンについての基礎知識

光(フラッシュ)脱毛とは

●光脱毛の特徴

黒い色に反応する特殊な光を肌に当てることで、照射された部分にある毛根にダメージを与えて毛の生える量や速度を遅くすることができます。成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返す毛周期のうち、特に毛が生えて伸びてくる成長期の毛に作用しますので、これに合わせて二ヵ月から三ヶ月おきに施術をすることで、施術部分の全ての毛に脱毛効果を与えることができます。部位によって差はありますが、平均すると8回程度の施術で自己処理がほぼ必要なくなり、10回から12回程度で脱毛が完了します。

●光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは一度に広範囲を照射できるということと、医師免許を持っていなくても機器を扱うことが出来るので、エステサロンで格安で施術を受けることができるというところです。冷やしてから施術をすれば痛みはほとんど感じることはありませんし、光脱毛はあくまでも黒い色素に反応するものですので、カミソリで剃ったり毛抜きで抜くような肌へのダメージを与えることがありません。

●光脱毛のデメリット

誰にでも扱うことができる程度の光の出力の強さなので、脱毛の効果は比較的弱めになります。一度の施術時間は短くて済みますが、その分完了までには回数を重ねなければなりません。また、光脱毛でできるのはあくまでも毛の量を少なくする抑毛であり除毛です。毛根へはダメージを与えるのみですので、完全に失くしてしまうことはできません。そのため脱毛が完了しても再び毛が生えてくる可能性はゼロではないことを踏まえて施術をする必要があります。

レーザー脱毛とは

●レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛はとくに肌にやさしくしていくことができるようになっています。

こういったところも、いまでは非常に高い人気を集めている理由になっています。

●レーザー脱毛のメリット

とくに脱毛というのは、やはり受けたぶんだけ肌への負担になってくるものです。

ですからレーザー脱毛をしていくにあたっては、できるだけ肌にやさしくしていこうという視点が大事になってきます。

この点、いまのレーザー脱毛はとても肌にやさしくしていくことができるようになっています。

ですから肌に負担を抑えて脱毛をしていきたいというニーズにはうってつけの脱毛の方法になっているということができます。

とくにクリニックよってはとても技術の高い施術を受けていくことができます。

ですからこういった技術の高い施術を行なっているクリニックを選ぶということも非常に大事になってきます。

●レーザー脱毛のデメリット

クリニックによっては、肌にあまりやさしくなく刺激の強い施術を行なっているところがあります。

こういったところだと、やはり肌へのダメージが大きくなってきてしまいます。

また、肌に負担の少ないレーザー脱毛を行なっているところであっても、脱毛後のケアというものをしっかりと行なっていかないと、やはり肌へのダメージというものは大きくなってきてしまいます。

こういったところからも、とくに脱毛後のケアというものをしっかりと行なう必要があります。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺しそのまま針から毛穴に電気を流すことにより、毛根を破壊する脱毛方法です。レーザー脱毛が行われるようになるまでは、永久脱毛はニードル脱毛が主流でした。
毛が生えていることで毛穴が認識できるため、ニードル脱毛は2cm程度毛が伸びている状態で行います。
毛穴に針を刺し電気を流して抜くという工程を全ての毛穴に対して行います。
ニードル脱毛は医療行為になるため、エステササロンで行えるニードル脱毛は、資格を持ったエステティシャンのみが行える施術となっています。ニードル脱毛のメリットは、毛穴に電気針を刺して一本一本抜いていく為、確実に抜け毛根も壊されるので脱毛の永久性が高いと言われています。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では施術が行えない、日に焼けた肌や色素沈着などにより黒い肌にも施術が行えるので、ほくろやシミ・あざなどを気にする必要がありません。また、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では対応の難しい場合がある、細い毛や黒くない毛にも脱毛の施術が行えます。その場で一本一本が抜けていくので、その日のうちに毛がなくなり脱毛した実感が湧いてきます。
しかし、ニードル脱毛は毛穴に針を刺し電流を流すために痛みが伴います。
痛みに耐えられず途中で止めてしまう人もいると言われています。一本一本を抜いていくため料金も高くなり、施術時間も長くなります。そのため広い範囲の脱毛には不向きと言えます。施術前は毛を伸ばす必要があるため、脱毛箇所と季節が限定されてしまうことにもなります。

脱毛施術後に注意すること

美容皮膚科など医療機関で受けられるレーザー脱毛と、エステサロンや脱毛サロンで行われている光脱毛は、毛根に熱を加え無駄毛を処理する脱毛法です。

レーザー脱毛は永久脱毛の効果が、光脱毛には減毛の効果があります。

施術時間が短く肌への負担も少ない、そして何より脱毛効果に優れているという事もあり、この2つの脱毛法は人気となっています。

ただ、施術後に注意したいポイントがいくつかあるので、施術を受ける前にチェックしておきましょう。

脱毛後は制汗剤の使用を、控える事がおすすめです。

制汗剤にも色々な種類がありますが、特にパウダースプレータイプは肌トラブルを引き起こす原因となります。

レーザー脱毛、光脱毛ともに毛根から無駄毛が抜ける脱毛法です。

制汗剤を使用すると毛穴の中に、制汗剤の成分やパウダーが詰まり炎症などの肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。

ですので、施術後すぐに制汗剤を使うのは控えましょう。

この2つの脱毛法は1回の施術で、全ての無駄毛を脱毛する事はできません。

成長期にある無駄毛にのみ作用する為、何回かに分けて施術を受ける必要があります。

施術後、無駄毛が伸びてきた場合はカミソリや電気シェーバーで処理しましょう。

レーザー脱毛・光脱毛は成長期にある毛根に、レーザーや光を照射して無駄毛を脱毛するという仕組みです。

無駄毛を毛抜きで抜いてしまうと、レーザーや光が毛根に反応せず、無駄毛を脱毛できないのです。

また、施術した当日の運動は避けましょう。

体を動かし汗をかくと雑菌が繁殖しやすく、毛穴のトラブルを引き起こしてしまいがちです。

血行が良くなる事で痒みや炎症が出るケースもある為、脱毛後1週間程度は運動をしない事が大切です。

脱毛施術前に注意すること

脱毛施術前に注意すること脱毛サロンの施術前にはきちんと学んでおいてほしいことがあります。おそらくカウンセリング時に注意を受けるでしょうから、そのときによく聞いて確認しておいてください。

続きを読む