ニードル脱毛とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺しそのまま針から毛穴に電気を流すことにより、毛根を破壊する脱毛方法です。レーザー脱毛が行われるようになるまでは、永久脱毛はニードル脱毛が主流でした。
毛が生えていることで毛穴が認識できるため、ニードル脱毛は2cm程度毛が伸びている状態で行います。
毛穴に針を刺し電気を流して抜くという工程を全ての毛穴に対して行います。
ニードル脱毛は医療行為になるため、エステササロンで行えるニードル脱毛は、資格を持ったエステティシャンのみが行える施術となっています。ニードル脱毛のメリットは、毛穴に電気針を刺して一本一本抜いていく為、確実に抜け毛根も壊されるので脱毛の永久性が高いと言われています。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では施術が行えない、日に焼けた肌や色素沈着などにより黒い肌にも施術が行えるので、ほくろやシミ・あざなどを気にする必要がありません。また、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では対応の難しい場合がある、細い毛や黒くない毛にも脱毛の施術が行えます。その場で一本一本が抜けていくので、その日のうちに毛がなくなり脱毛した実感が湧いてきます。
しかし、ニードル脱毛は毛穴に針を刺し電流を流すために痛みが伴います。
痛みに耐えられず途中で止めてしまう人もいると言われています。一本一本を抜いていくため料金も高くなり、施術時間も長くなります。そのため広い範囲の脱毛には不向きと言えます。施術前は毛を伸ばす必要があるため、脱毛箇所と季節が限定されてしまうことにもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*