埋没毛が出来やすい原因と肌を傷つけずに埋没毛を処理する方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
無駄毛を自己処理によって処理すると、肌に負担を掛けることになるのでバリア機能が働くことになります。

その影響によって、肌が角質化するのでかさぶたによって肌の表面を覆うことになるので、毛が肌の表面に出て来れない状態となります。

そのため、毛が皮膚の中で成長することになるだけでなく、埋没毛を放置することで黒ずみやニキビが出来やすくなります。

なぜなら、埋没毛を改善しないままだと毛が皮膚の中で成長し続ける状態になるからです。

肌が乾燥したままで行うと肌を傷つけることはNG

また、剃刀での自己処理は毛先を斜めに切るので、毛が皮膚を貫通しやすくなります。
なので、剃刀での自己処理は埋没毛になりやすくなりますが、肌が乾燥したままで行うと肌を傷つけることになるので、より埋没毛を悪化させることになります。

けれども、剃刀での自己処理は剃る前にシェービングローションを塗ることで、埋没毛を防ぐことが可能となります。

しかし、シェービングローションを塗る手間が掛かることになるので、自己処理に割く時間が長引く傾向にあります。

よって、肌を傷つけずに自己処理から解放されるためには、クリニックで処理を施してもらうのがお勧めされます。

クリニックでは、肌に負担を掛けずに無駄毛を処理することができるので、肌を綺麗に保ちつつ埋没毛が出来ない状態となります。

特に、レーザー脱毛は医師によって施される脱毛となるので、肌のトラブルが起こっても咄嗟に対処してくれます。

つまり、クリニックでのレーザー脱毛は、肌を傷つけることなく埋没毛を処理することが可能となります。

さらに、レーザー脱毛で埋没毛ができることはないので、安心して無駄毛を処理することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*