産後の剃ることによるムダ毛処理の注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後はホルモンバランスが乱れるので、妊娠前と違って肌が敏感な状態となります。

さらに、妊娠前よりムダ毛が生えやすくなる他に、濃いムダ毛が生えるので妊娠前より誤った自己処理を施す可能性が高まります。

そのため、産後に剃刀でムダ毛処理を施すと、肌の角質層に傷をつけるリスクが高まることで、肌の乾燥を招きやすいです。

また、産後は剃刀によって毛穴を傷つけやすいので、毛穴が傷つくことで毛穴から異物や雑菌が混入する状態になります。

他にも、産後の肌は外部からの刺激を受けやすいので、剃刀によって肌が剃刀負けする可能性が高いです。

電動シェーバーを適切に使う

電動シェーバーならば肌の角質層を傷つけずにムダ毛処理を施すことが可能です。

なぜなら、女性用の電動シェーバーがあるので、敏感肌の人でも肌や毛穴を傷つけずにムダ毛処理を施せるからです。

そのため、産後において女性用の電動シェーバーを活用することで、肌に与えるダメージを極力抑えることができます。

しかし、電動シェーバーの刃が欠けていると、肌や毛穴を傷つける恐れが高まります。

なので、産後に電動シェーバーでムダ毛処理する場合は、使用する前に刃が欠けていないかを確認するのが大切です。

他にも、注意点として電動シェーバーを使っても肌の表面を削ることになるので、剃る前に肌を保湿するのを忘れないことです。

そして、剃った後でも肌が乾燥して痒みを伴ったり肌荒れするのを防ぐために、肌を保湿することが重要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*