ワキガになる原因と脱毛でワキガを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛にアポクリン腺から出る汗がつくことが主な原因となります。

なぜなら、脇にだけ存在するアポクリン腺はエクリン汗腺から出る汗と混じることにより、ワキガの原因となる臭いを発するからです。

また、ワキガは脇毛を自己処理する際に誤った方法で行うと、アポクリン腺から出る汗の量が増加します。

脇は、体の中でも皮膚が柔らかい部位となるので、外部から刺激を与えると赤く腫れたり痒みを伴いやすいです。

ちなみに、脇は日常生活において普段触れることがありませんが、汗をかくことで脇がべたつくと腋毛に汗がつくので、ワキガになりやすいです。

他にも、腋毛の自己処理の後に汗をかく量が増えることもあります。

なぜなら、アポクリン腺は腋毛と一体化しているからです。

なので、毛抜きによって腋毛を抜くと、毛を抜くと同時にアポクリン腺を活発化させるので、ワキガを悪化させます。

けれども、脱毛施設での脱毛では毛を抜くことが一切ないので、アポクリン腺を刺激せずに脱毛を施すことが可能となります。

さらに、光脱毛やレーザー脱毛は肌に可視光線を照射して、可視光線がメラニンに反応する性質を利用して脱毛する仕組みとなります。

脱毛施設での脱毛はワキガの抑制につながる

また、可視光線を脇に照射しても激痛が伴う恐れがないので、全身以外にも腋に永久脱毛を施すことができます。
そして、永久脱毛によって腋毛を生えにくくするので、アポクリン腺から出る汗が腋毛につきにくくなります。

そのため、ワキガになっていても脱毛施設で脱毛を受けることで、ワキガの臭いを抑えることが可能です。

さらに、脱毛を受けるほど腋毛が生えなくなるので、脱毛施設での脱毛によってワキガの臭いが悪化する恐れがないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*